読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミカスデザイン

UIとかUX,CXとかよくわからないけど、使いにくいのは嫌い。

最近はやりの CXデザイナーとは

最近UIの話とか読んでいると

出てくるのはこの話題。

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 「マーケターは消費者に感動を与えられるCXデザイナーであるべき、デザイン思考のマーケティング」 2015年10月23日開催 月例セミナー 第2部

 

何が違うの?CXデザイナーとかUXデザイナーとかコミュニケーションデザイナーとか - Design HOKKAIDO blog デザイン北海道ブログ / 相沢直人

 

で、何なのCXデザイナーってことで

私なりに考えてみた。

 

UXデザイナー

who=ユーザー

when=サービス、プロダクトに触れている瞬間

where=サービス、プロダクト内

why=ユーザーにとって良い経験を提供する

how=UIの改善、回収、良いUIの提供など。。。。。

f:id:mika-19890530:20160329200523p:plain

 

CXデザイナー

who=ユーザーを含むカスタマー

when=サービス、プロダクトにまだ触れていない人を含めたカスタマー全般

where=サービス、プロダクト内外

why=新規ユーザー獲得、顧客満足

how=コミニュケーション、広告改善

 

f:id:mika-19890530:20160329200436p:plain

 

っていう認識。

 

図で表すとわかるけど、

UXってあくまでコンテンツやサービス内だけど

CXってコンテンツやサービスに触るまでの話 

だけど思うのは

UXデザイナーってそこらへんわかってないと

トンマナであったり、離脱につながるので

理解はしないといかないっていう

さっくりなお話